"「MOON」というゲームは、困っている人を助けたりするとラブ(という名の経験値)がもらえるというシステム
した。だから基本的には「よーし人を助けちゃうぞ」と思って、助けて、ラブを得るものなんだけど、たまに、こっちが別に困っている人を助けたつもりはなく
てもラブ認定されることがあって、それがすごく新鮮だったのです。で、それも「人のお説教をきく」とか、わりとしょーもないことだったりして、でもそれが
ラブですよといわれると妙に納得してしまう。で、あ、なんかこれすげえな、と思ったのです。行為の主体である自分がラブかどうかを決めるんじゃなくて、関
係性の中から遡及的に見いだされたもの、それがラブ。ラブは演じるものじゃない、関係性の中から見いだされるもの! それはどう考えても人生の真実のひとつで、しかもそれを言葉で説明されるのではなく、ゲームというメディアを通して伝えられたというのが、ひじょうにエポックな体験であり、その感覚は、いまだラブというわかったよーなわからんよーなものを考えるときに、たしかな礎となるべくわたしの中に横たわっておるのです。"

見出されることを待っているすべてのラブと優しさへ - Mellow My Mind (via toriaji) (via thresholdnote) (via maharada) (via himatbshiz) (via mukibutsu11) (via sivamuramai) (via lovecake) (via hkdmz) (via dotnuke) (via sarasiru) (via ueyau) (via popkillerrs)

" あるフリーソフトのお話。

 そのソフトは元々開発者が自分が楽をするために個人的に開発したもの。で、同じような苦労をしている人がいるのでネットで流してみた。

 評判は大変よく、やがてそのソフトを利用したシステムやサービス、そのソフトで仕事のやり取りをする人もいるようになった。

 やがてWindowsの世代更新が行われる。しかし、そのソフトはあたらしいOSには仕組みが違うため対応していない。使えなくなってしまう。一応、代用できる有料のソフトは世間にはあるが、以前のものを引き継いだ形のフリーソフトはない。

 で、それに対して開発者はそれを開発する気はなく、ましてや過去、一部利用者による心無い誹謗中傷まで受けるような状況にまったくやる気をそがれている様子。開発者は自分のBlogをすでに数年前に更新停止している。コメント欄にはソフトが使えないことに対する恨み、開発再開を懇願する要望、これによって業務に支障が出た、どうするんだ!というような逆恨みまで。しかし、誰一人として「お金を出すので開発してください」とは書かれていない。

 これはフリーソフトに限ったことではありませんが。それまで便利にタダで使えたことが、システムの変更によりある日突然使えなくなる、なんてことはあります。その時に「タダで引き続き同じサービスを受けることが権利だ」と勘違いしていると上のような状況になるんだろうなあ。

 根源をたどればあくまでこのフリーソフトは開発者の「善意」でしかなく。そしてその善意を恒久的に続ける義務はありません。"

善意を恒久的に続ける義務はありません | FANTA-G - 楽天ブログ (via petapeta)

(popkillerrsから)

"【第1位:ポチ】
犬の名前の代名詞ともいえる、ポチ。
日本固有の名前だと私もずっと思っていましたが、これもフランス語が語源でした。
時代はさかのぼり、フランス人宣教師が自分の飼い犬に向かって「プティ(=Petit)、プティ!」と呼びかけているのを聞いた日本人がそれを犬の名前だ と勘違いして自分の犬にもシャレた名前を、とまねしてつけ、それが日本中に広まったのだそうです。
チビ、といったところでしょうか。
私も最初聞いたときは信じられず、「え~、だって花さか爺さんの犬だってポチじゃない。ウソだ~。」と思って調べたのですが、花さか爺さんの犬の名はシロ で、明治時代に童謡になった時に当時大流行していたポチに変わったのだそうです。
へぇ~。"

日本語になった「意外な」フランス語:ワーキングマザースタイル[wmstyle.jp] (via wideangle) (via kawazu) (via chiisanaehon) (via quote-over100notes-jp) (via waclips) (via okayuradio) (via sanaghi) (via shinoddddd) (via moja-moja) (via highlandvalley)

"子供とは何か、という質問に答えたある人の「人を傷つけたことに気付かず、人に許されていることに気付かない段階」という答えほど完璧なものはありませんでした"

Twitter / hironobutnk (via igi)

(highlandvalleyから)

"カッパドキアって世界遺産があるんだってさ。トルコに。一度でいいから行ってみたいんだよね。
彼女は頭の皿をキラキラ輝かせながらそう言った。"

@nifty:デイリーポータルZ:書き出し小説大賞・第16回秀作発表 (via dailyportalz)

(highlandvalleyから)

"117 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/04/06(日) 05:58:13.97 ID:g6VsqVa/0 局エンコーダは大別するとNECマスターと東芝マスターに分けられる
一般的に解像度重視、シーンチェンジ良好、但し暗部の描写はそれ程でもない、tsファイル容量小のNECマスター
シーンチェンジがボロボロ、暗部描写良好、tsファイル容量大の東芝マスターとなっている
NECはアニメ向け、東芝は実写向けと言う人もいる

去年9月までのMXは前者だった
たまにL字やCAMノイズはあるものの、ここまではアニメに於いてはまさに地上波最強画質とまで言われた
それが10月からいきなり東芝マスターになってtsの容量が大幅に増えた
(その後容量は減ったが以前のNECほどでは無く、画質はそのままだった)

今回の改変はMXはNECマスターにしたと言ってはいるが、絵を見ると東芝のままのように見える
容量を食う傾向の画作りで容量だけ減らしているから、それはそれは空恐ろしい低画質になっている
録画されたtsファイルの容量を見ると、昨年9月以前のNECマスターの画作りならば、なんとかいけそうにも見えるんだがなぁ…"

TOKYO MXが4月からのマルチキャスト化により一部で画質劣化 (via hyasuura)

(tra249から)

"

46 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/03/17(木) 16:08:09.43 ID:n09m2eM/0 [1/4]
しっかし燃料棒ってなかなか冷えないもんなんだな。
普通に冷却装置が働いたらどれくらいで冷えるもんなの?

49 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 16:09:04.98 ID:xMD7+0dv0 [2/12]
»46
通常、運搬可能になるには平均3~5年。

58 名前:名無しさん@十一周年[] 投稿日:2011/03/17(木) 16:16:13.56 ID:n09m2eM/0 [2/4]
»49

             まじで

61 名前:名無しさん@十一周年[sage] 投稿日:2011/03/17(木) 16:20:00.71 ID:xMD7+0dv0 [4/12]
»58
まじ。
それだけ経っても、タンクに水と冷却装置積んだ特殊なトラックに載せて運搬する。

"

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2: 03/18 大震災2011◆今日の原発 (via s-hsmt)

(tra249から)

"「男子運動部にはマネージャーがいるのに、女子運動部にはあまりいないのがいい証拠。マネージャーを志すような子は、精神性が骨の髄からオンナ。自分が努力して、いいプレーをするのではなく、『私がサポートするから!』って、男に頑張らせるわけ。これって、専業主婦に必要なスキルそのものです」"

独女通信 : 女の敵は「壇蜜」ではなく、運動部の女子マネージャーである powered by Peachy (via 13py2)

(tra249から)

"もしかすると、俺はカルト宗教にハマっていて、その教義を信じているだけかも知れない――。週に一度ぐらい、その可能性を疑ってみるといい。
たいがい、何かに偏っているか、頼っているか、誰かを嫌っているか、バカにすることで自我を保っているんだよね。もちろん、この僕も。"

■0310■: 550 miles to the Future (via katoyuu)

(tra249から)

"確かまだ私が小学校に入るか入らないかの頃ですから、1980年前後
「ひらけ!ポンキッキ」で流れてた曲なんですよね。

唄っているのは、当時のポンキッキ専属歌姫と言っても過言ではない
のこ いのこさん。
『パタパタママ』『まるさんかくしかく』『オノデン坊や(秋葉原オノデンCM)』
あの、のこ いのこさんです。


さて、この『ヒポポタマスの歌』。
その歌詞が実に実にヘビーな内容で・・・。


   ♪運の悪~いヒ~ポポタマス
    本当につ~いてい~ないヒ~ポポタマス
    ルルル~ル~ル~ルル ル~ルルルル~
    ルルル~ル~ル~ルル ル~ルルルル~

    月曜日 めでたく生まれたよ~
    火曜日 学校優等生~
    水曜日 かわいいお嫁さんも~ら~う~
    木曜日 苦しい病気にか~かり~

       (間奏)

    金曜日 とっても重くなり~
    土曜日 あっさり死んじゃって~
    日曜日 お墓にうめられた~

    運の悪~いヒ~ポポタマス 
    ついてないヒ~ポポタマスの一生
    こ~れでおしま~い こ~れでおしまい
    ルルル~ル~ル~♪



・・・ね、すごいでしょ。。(-。-;)

ま~たメロディーが物悲しくてねえ・・・(┯0┯)
ちょいとばかり感受性強めの幼児だったら、完全にトラウマになりますよ!

そういう私もラジオを聴きながら、気味が悪いほど一緒に唄えたので
この潜在意識というか潜在記憶というかを植えつけた当時のインパクトは
相当なものだったのでしょう。
確かに幼心ながらも、なんだか陰気くさいなあという気持ちと共に
「・・・で、なにが言いたい歌なんだろう」
素朴な疑問ツッコミ心をも抱いていたような覚えがあります。

「ヒポポタマス」とはカバのことで
曲のバックに流れるアニメーションも
カバの赤ん坊が産まれて、お墓に埋められるまでが
至極歌詞の内容のまんま、淡々と描かれていました。

当時、この曲を聴いて「???」だった私に、確か母が
「原曲(原詩)はマザーグースだ」と教えてくれた記憶もあるんです。
あ~、あの残酷な話ならしょうがないね~、くらいの納得度で
当時の私は流していたんだと思います。



そこで今、ちょっと調べてみたんですが・・・・



ありましたありました!!マザーグースの詩に!!

題名は『ソロモン・グランディ』。




   『Solomon Grundy』     ソロモン・グランディ



Born on a Monday,     月曜日に産まれて

Christened on Tuesday,   火曜日に洗礼を受け

Married on Wednesday,   水曜日に結婚

Took ill on Thursday,   木曜日に病気になり        

Worse on Friday,      金曜日に悪化し

Died on Saturday,     土曜日に亡くなり

Buried on Sunday.     日曜日に埋葬された。

This is the end      これでおしまい

Of Solomon Grundy.     ソロモン・グランディの一生。




ははあん・・・・これは『ヒポポタマスの歌』の原詩と言って間違いないですねぇ!

この『ソロモン・グランディ』を、マザーグースの詩としての特質を踏まえて読むと
人間の一生を7日間になぞらえて語られているものと思われ
う~ん・・・そう考えると・・・・・・
ヒポポタマスは唄の中で「運が悪い」「ついてない」なんて言われっぷりなので
「可哀想なヒポポタマス」という印象を受けてしまいますが
ヒポポタマスだけがとりたてて不幸だったり短命だったというわけではなく
普遍的な人間の一生(カバですが・・・)の無常が語られていた歌だった、
ということなんですよね。

 (7日間に置き換えたとはいっても・・・
  結婚した直後、木曜日の時点で発病したということは
  人生の半分以上の長患いだった・・・
  という点がかなり気になるところですがね・・・(^^;)。)


う~ん、なるほど・・・。


いやあ・・・。いや!でもどうして『ヒポポタマスの歌』
「運が悪い。ついてない。」って歌詞にしちゃったんだろ・・・。
実際『ソロモン・グランディ』を原典にしているのだとしたら
かなり真意がぶれてしまうと思うんだけど・・・。
むやみやたらに子供の恐怖心を煽るだけでね・・・(苦笑)。

あれ、ますます謎が深まった・・・!?"

◆◇雑記帳◇◆:『ヒポポタマスの歌』 (via petapeta)

(tra249から)

"私は、成果をあげる人のタイプなどというものは存在しないことにかなり前に気づいた。私が知っている成果をあげる人は、気質と能力、行動と方法、性格と知識と関心などあらゆることにおいて千差万別だった。共通点はなすべきことをなす能力だけだった。"

ドラッカー名著集1 経営者の条件 / P F ドラッカー (via ebook-q)

(tra249から)

"しかしヤバイ会社トップでは、友人から前に聞いた「ある日会社に行ったら会社が無かった。倒産したかと思って調べたら会社という登録すらされていなかった。何を言っているか解らないが俺も解らない。俺は一体『何』をしてたんだ?」というエピソード。"

Twitter / R_Tachigawa (via yellowblog)

(tra249から)

"思い返すに、大学院での指導で「自分の頭で考えろ」と教員に言われたことは一度もないと思う。その代わり散々言われたのは「よく調べろ」。自分の頭で考えるというのはそれなりの危険があって、不適切な材料と不十分な思考力では斜め上にたどり着くものだ。"

Twitter / mishiki: 思い返すに、大学院での指導で「自分の頭で考えろ」と教員に言わ … (via wideangle)

(tra249から)

"韓国の外交部のスポークスマンが、日本与党が韓国や中国の反日に対する機関を作ることにしたという内容に対し、次のように述べました。

『(韓国がやっているのは)反日ではなく、日本国内の間違った考えを持った人々に、過ちを認めて正せと言っているのだ』、『(それを反日と言うのは)出発点が間違っている』



http://media.daum.net/foreign/japan/newsview?newsid=20140327153216362




他にも日本の文部科学相について「実に望ましくない発言」、石原慎太郎日本維新の会代表に不適切な妄言」としながら、

「今まで数多くそんなことを言う日本人がいた」

「人がどれだけ自己中心的になれるのかを見せてくれること」

「恥を知るべし」と話しました。




今日のエントリーは短い内容ですが、多くのことを見て取ることが出来ると思います。

韓国が日本に対して持っている認識と、その態度です。



日本と韓国の見方の差は、既に「意見が違う」ではなくなっている、ということ。

シンシアリーが今まで何度も書いてきた、そして本にも中心内容として書いている、「善と悪」の概念こそが、韓国の日本観なのです。


韓国は善で、日本が悪。

韓国はそれでも我慢しながら日本に「お前は悪いやつだ」と教えてあげている。日本は感謝すべきだ。


そういうことです。
"

韓国外交部、「反日ではない。日本に過ちを教えてやっているのだ」 - シンシアリーのブログ (via bochinohito)

ふざけるな。

(via novice-evangelist)

「良心的」日本人にすべく、正しい歴史を韓国が教育していく。
これに反対するのは歴史修正主義者。

(via ittm)

(tra249から)

"最近ではゲイの遺伝子というのが発見されて、遺伝子的にゲイであるかないかは決定されるということになっている。そうなると不思議なのは「ゲイは子供を作らないのに、なぜ遺伝子が伝わるのだろうか」という問題だ。竹内久美子さんの論では「ゲイ遺伝子は母方から伝わり、母方の女性は強い繁殖力をもつから」だそうだ。ゲイ当人の遺伝子は伝わらなくても母方一族の伯母叔母が産む子供に遺伝子が伝わるので、絶えることがないらしい。"

ゲイ遺伝子はなぜ生きのびる?: 館淳一の「いろ艶筆」 (via 719043)

同性であることも厭わない程の男好き

(via msk-tkr)

(元記事: otsune (konishirokuから))